ニンニクの効能:食と健康法

ニンニクの効能:食や健康法にまつわる情報をたくさん紹介しています。貴方にあう健康法を見つけてください。

トップページ > 野菜の効用・効能 >> ニンニクの効能

ニンニクの効能

ニンニクは、こんな方におすすめです。

ニンニクの効能


■ 肝臓病
  ニンニクに含まれるアリシンには、消化酵素の分泌を促し、
  胆汁の分泌と排泄を促進するので、肝臓の働きを強めます。


■ 神経痛
  ニンニクの成分スコルヂニンが、神経組織の新陳代謝を促進したり、
  末梢血管にも作用し、痛みを柔らげます。
  アリシンはビタミンB1と結合して、アリチアミンとなり、
  筋肉自体に作用して、神経痛や筋肉病を治します。


■ 動脈硬化
  ニンニクは、血中の悪玉コレステロール(LDL)を減らし、
  善玉コレステロール(HDL)を正常に保つ働きをするので、
  血栓が出来るのを防ぎます。


■ 疲労回復
  ビタミンB1が不足すると疲労感やだるさが、出ますが、
  ニンニクのアリシンは、腸から吸収するB1の量を10倍〜20倍も高めます。
  また、スコルヂニンが、体内に採り入れられた栄養分を完全に燃焼して
  エネルギーに転換し、疲労回復を助けます。


■ 便秘
  ニンニクの分スコルヂニンは、消化、吸収を促進させ、
  アリシンは、胃腸の粘膜を刺激して、胃腸の働きを良くします。


■ 風邪
  ニンニクのアリシンは、抗菌作用が強く、風邪や扁桃炎、気管支炎の原因になる
  連鎖菌やブドウ球菌にも抗菌力を発揮します。
  スコルヂニンが痰のきれを良くし、呼吸を楽にします。
  また強壮作用によって体力がつくので回復を早めます。


関連カテゴリー: 野菜の効用・効能TB(0)

ニンニクの効能トラックバック

ニンニクの効能のトラックバックURL:
http://kenkou.prerevi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/57

野菜の効用・効能関連エントリー

トマトの効能 / ニンジンの効能 / ジャガイモの効能 / アシタバの効能 / かぼちゃの効能 / ごぼうの効能 / セロリの効能 / ニラの効能 / ニンニクの効能 / シソの効能 / ラッキョウの効能 /