足裏・足ツボ健康法のやり方:食と健康法

足裏・足ツボ健康法のやり方:食や健康法にまつわる情報をたくさん紹介しています。貴方にあう健康法を見つけてください。

トップページ > 足裏・足ツボ健康法 >> 足裏・足ツボ健康法のやり方

足裏・足ツボ健康法のやり方

1.まず足の裏をさわってみよう
反射区図表(一番下にあります)をお手元に、とにかく足の裏をさわってみましょう。
手の親指や人差し指をつかって最初はやさしく足の裏をさわってみて下さい。
少しずつ力を入れながらいろんな場所を押してみましょう。


何かしこりのようなものはありませんか?押して痛い部分はありませんか。
もししこりがあれば、そこは乳酸や尿酸が結晶化したもの
老廃物と呼ばれています。
このたまった老廃物が血液の流れを悪くして、冷えやむくみの原因になるわけです。
さらに、そのしこりの部分の反射区に対応する臓器が弱っていると考えられます。

痛むところやしこりがある場所を反射区図表で確認してみましょう。何か心当たりはないですか。
最近胃の調子が悪いと感じているひとは、土踏まずのあたりにしこりがみつかるか、とても痛むはずです。
同じように、足が教えてくれる身体の不調サインを見落とさずにしっかりもみほぐしていきましょう。


逆に全く痛いところがない場合があります。
それは本当に健康体の人の場合もありますが、そんな方はほとんどいません。
足が反応しないほど悪い状態と考えられます。健康サンダル等で足の皮が厚くなってしまっている場合もあります。どちらも根気強くもんでいるとしばらくして飛び上がるほどの痛みがやってきます。


2.足全体をもみましょう
足をもむと乳酸や尿酸などの老廃物がでてきます。その老廃物を濾過して尿にするため、腎臓に送り込む必要があります。
そのためには足の裏だけでなく膝上までしっかりマッサージしなければなりません。
また大量の水分を必要とします。


3.毎日続けましょう
何事も継続が肝心!3ヶ月とにかく続けてみて下さい。
赤ちゃんのように柔らかな足をめざしましょう。
必ず結果がでます。痛みの激しい方はお風呂上がりにもむとよいでしょう。
健康体になると足のどこをもんでも痛いところがなくなります。

足裏のツボ


関連カテゴリー: 足裏・足ツボ健康法TB(0)

足裏・足ツボ健康法のやり方トラックバック

足裏・足ツボ健康法のやり方のトラックバックURL:
http://kenkou.prerevi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/10

足裏・足ツボ健康法関連エントリー

足裏・足ツボ健康法とは? / 足裏・足ツボ健康法のやり方 / 足裏・足ツボ健康法の応用と注意点 / 足裏の色でチェック /