足裏・足ツボ健康法とは?:食と健康法

足裏・足ツボ健康法とは?:食や健康法にまつわる情報をたくさん紹介しています。貴方にあう健康法を見つけてください。

トップページ > 足裏・足ツボ健康法 >> 足裏・足ツボ健康法とは?

足裏・足ツボ健康法とは?

足の裏が体の調子を整えることに気づいた人は5000年前の中国や4000年以上前のエジプトにもいました。
文献や壁画に残っている記述や絵にその様子が描かれているほど、足裏を刺激する方法は古くから行われていました。
1900年代の初めに療法として確立され、現在では台湾式、英国式、ドイツ式などが代表的な療法として行われています。
足裏・足ツボ健康法

どうしても血液中の汚れは重力の働きにより下半身、特に足裏にたまります。
古来人間はこの問題を歩く事で解消してきました。
心臓から押し出されて足先まで降りた血液が、 ポンプの役目をする歩行運動によって足ウラを刺激し、身体の上部にまで押し上げられ、血液の循環機能が高められる というわけです。


しかしながら、現代人は様々なストレスや加工食品、足を締め付ける履物など、自然とかけ離れた毎日をおくり、歩く機会も減り、血液循環がスムーズに行われなくなってしまいました。
そこで足ツボ健康法が注目されるに至ったのです。


足の裏は第二の心臓と言われるように、身体の中で重要な働きをしています。
足の裏には、身体の臓器とつながっているいわゆるツボが集中していおり、その足の裏をマッサージして血液循環を良くすることは、身体の疲れをとり、内臓機能を強化することに役立ちます。


血液は心臓と言うポンプの働きにより体内を循環していますが、
その心臓から最も遠い位置にある足の裏に送られた血液は、再び静脈を通って心臓に押し戻されます。
そのため末端の筋肉である足裏をもんで刺激することは、血流の流れをスムーズにして心臓の働きを助けます。


足の裏には、身体の臓器とつながっているツボが集中し、内臓や身体の異常が反射して現れる場所を反射区といいます。
その足の裏をマッサージして血液循環を良くする事は身体の疲れをとり、内臓機能を強化すると言われています。


血液は心臓から体内を循環していますが、その心臓からもっとも遠い位置にある足の裏に送られた血液は、静脈を通って心臓へと戻っていきます。
そこで末端筋肉である足裏を刺激することは足裏に溜まった老廃物を取り除き、血液の流れをスムーズにすることで心臓の負担を軽減させます。
このため足裏は「第二の心臓」といわれるのです。

足の裏には末梢神経が集中する38カ所の点、面(反射区といいます)があり、それぞれが大脳や三叉(さんさ)神経、鼻、耳、肩、胃、肝臓、肺、頸椎(けいつい)につながっています。


右足と左足では反射区の場所が少し違いますが、それぞれのツボ、反射区を手や指、木の棒などで押さえたり、マッサージを施して刺激を繰り返します。
これが足裏・足ツボ健康法です。

関連カテゴリー: 足裏・足ツボ健康法TB(0)

足裏・足ツボ健康法とは?トラックバック

足裏・足ツボ健康法とは?のトラックバックURL:
http://kenkou.prerevi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/9

足裏・足ツボ健康法関連エントリー

足裏・足ツボ健康法とは? / 足裏・足ツボ健康法のやり方 / 足裏・足ツボ健康法の応用と注意点 / 足裏の色でチェック /