逆立ち健康法のやり方:食と健康法

逆立ち健康法のやり方:食や健康法にまつわる情報をたくさん紹介しています。貴方にあう健康法を見つけてください。

トップページ > 逆立ち健康法 >> 逆立ち健康法のやり方

逆立ち健康法のやり方

逆立ちといえば、手のひらを床について足を上に上げるのが一般的ですが、
両腕のヒジをついて足を上げる方法でも大丈夫です。
逆立ち健康法

これでもできない人は、二人で背中をくっつけ合って
逆さにおぶうような体操も効果的。
また、両足を持ってもらい、両手だけで歩くのもよい。

このようなことも全くできないという“運動音痴”の人は頭を心臓の位置より下に敬礼をすれば、逆立ちと同じくらいの効果が期待できます。


逆立ちをすると、頭の位置が心臓より低くなるから血液が脳に十分に行きわたり脳貧血を起こさなくなります。
毎日繰り返すと調節機能の訓練にもなり、体質改善にも役立ちます。


また逆立ちは、頭への血行をよくするだけでなく、頭を使っている筋肉とは違う筋肉が働くので、緊張していた筋肉を休ませることにもなります。

そうすると血行がよくなり栄養素や酸素が補給され、老廃物が取り除かれて疲労が回復します。
逆立ち健康法

一日何回でも、時間は貴方が無理なく出来る範囲でどうぞ。


関連カテゴリー: 逆立ち健康法TB(0)

逆立ち健康法のやり方トラックバック

逆立ち健康法のやり方のトラックバックURL:
http://kenkou.prerevi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/5

逆立ち健康法関連エントリー

逆立ち健康法がなぜ体にイイのか? / 逆立ち健康法のやり方 / 逆立ち健康法まとめ /