朝食抜き健康法のメカニズム:食と健康法

朝食抜き健康法のメカニズム:食や健康法にまつわる情報をたくさん紹介しています。貴方にあう健康法を見つけてください。

トップページ > 朝食抜き健康法 >> 朝食抜き健康法のメカニズム

朝食抜き健康法のメカニズム

人間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかります。
だから1日に1度、食事の間隔をこの18時間ぶん空けないといけません。
そうしないと内臓は24時間、つねに活動し続けることになってしまいます。


1日だけで見ればたいしたことはないように思えますが、1日に1度も内臓を休めない事は、要するに死ぬまで内臓を休めない事になるのです。
逆に1日に1度、必ずこの間隔をあけている人は、
毎日体を休めていることになります。
死ぬまで体を休めない人と、毎日休めている人。その体力差は明らかですね。
寿命にも大きく影響するでしょう。
朝食抜き健康法

例えば、夜6時に夕食をとったとします。
ふつう次の食事は翌日の朝7時か8時くらいの朝食になりますね。
でもこれでは、まだ13・4時間しかたっておらず、
体は排泄処理の真っ最中なのです。
なのに次の食事が入ってきてしまう。
体が排泄に全力をあげなければならない時間に、もう次の消化吸収を始めなければならなくなるのです。
体にしてみれば、「ちょっと待ってくれ」と言いたいところ。
朝食欲がないのは、当然です。


夜6時に夕食をとったときに、次に食事をとるべき適正な時間はいつか。
それはずばり、18時間後の、翌日昼12時以降になります。
この時間まで食事をとらなければ、1日に1回、排泄は完全に行われ、内臓は十分な休養を取ることができのです。


私達がものを食べるときは、食べたいと思ったものを気軽に口に入れて数回噛んで飲み込むだけですが、そのあと体はじつに健気に働き、この異物を体に取り込む努力をします。

胃腸はもちろんのこと、特に肝臓がフル回転します。
栄養を貯蔵したり分解したり合成したり毒素の処理もします。
使い古した栄養は腎臓が回収して体外に捨てる。ほかにもあらゆる臓器が一丸となってこの新しく入ってきたエネルギー源の処理にかかるのです。

このように内臓をフル回転させる、非常に体に負担をかける行為が食べるという事なのです。
朝食抜き健康法

しかも、現代の食生活は消化吸収が大変に困難で、とくに肝臓を著しく酷使します。
肝臓の疲れは、ただちに全身の疲れとなって現れます。


1日に18時間、何も食べない時間を作ることがいかに重要か分かりますね。
それには、朝食を抜くのがベストのタイミングなのです。


関連カテゴリー: 朝食抜き健康法TB(0)

朝食抜き健康法のメカニズムトラックバック

朝食抜き健康法のメカニズムのトラックバックURL:
http://kenkou.prerevi.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2

朝食抜き健康法関連エントリー

朝食を抜くのは体にイイのか? / 朝食抜き健康法のメカニズム / 朝食抜き健康法のやり方と悪しき習慣 /